代表 谷本真邦 挨拶


WFMの谷本真邦です。

 

いま、世界には貧困・飢餓・病苦、戦争・紛争・テロ、災害、環境問題など、多くの問題が山積みとなっています。しかも科学技術は恐ろしいスピードで発展しており、人類の脅威にもなっています。

 

これらは地球規模で考えないと解決しませんが、現在は「国家」という「会社のような社会組織」が最高の単位で、それ以上に統括できる組織や機関がありません。国連などの国際機関はありますが、これらは国と国との調整の場にすぎず、世界は依然無法地帯といってもいい状況です。

 

 

つまり現在の体制では不十分であり、『世界政府』『世界議会』『世界裁判所』『世界警察軍』などが必要なのです!

 

またそれが絶対権力にならぬような民主的アプローチによる相互監視体制と権力の流動があれば恐れる事はありません。

 

これは国を捨てる事とも違います。私たちは自分たちの生まれた町を愛し、自分の家を愛し、国を愛せます。同時にです。世界社会の恩恵を受けているということで、きちんと世界法という社会契約をすればいいのです。だから国という社会があった上で、世界という社会がある事も、可能なのです。

 

 

このような考えの下、国連を政府の様に強化させて、これを実現させるのが、国連経済社会理事会の特殊諮問機関(カテゴリーⅡ)の資格を持つ非政府組織【WFM=World Federalist Movement 世界連邦運動】なのです。

 

現代の冷徹な外交が繰り広げられる国際社会においては非現実的に聞こえるかも知れません。しかしこれは夢物語などではありません。しかし世界は全くバラバラだった100年前から比べると地球の距離は格段に近づいています。交通・情報の発達にともない国を越えて、人も物も地球を飛び回り、経済交流や国際結婚などもどんどん盛んになってきています。

 

 

この間、不幸な二度の大戦を経て、国家もようやく動き、国際連盟が出来て、さらに国際連合が出来ました。そして、あれだけ強固で過酷に思えた冷戦体制ですら経済問題で考えを変えたら一気に崩れました。国際政治などは人の考えを変えれば不可能は可能になるのです。

 

次はいよいよ世界連邦として国家を超えて「世界が一つになる」時代です。

 

われわれが生きている21世紀に何としてもこれを実現したい。人類史上最大の大仕事といってもいい大事業です。

 

私は個人的に2039年に国際連合から世界連邦体制が実現すると予言しています。これを実現するための運動に、ぜひみなさんの参加をお待ちしています。

 

WFM 執行理事・国際委員・国会委員会事務局

ユースフォーラム創設者

谷本真邦


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



▼ご入会・お問い合わせはこちら
お問合せフォーム
 
 
▲PageTop