WFM世界連邦ユースフォーラム


《 国連・NGO WFM世界連邦運動とは》

世界連邦運動(WFM:World Federalist Movement)とは、第二次世界大戦後、 アインシュタイン、ラッセル等の世界の有識者により提唱され、 戦争・飢餓・貧困・病苦・環境問題などを無くす事を目的に、 国連を改革し世界連邦政府を目指す世界組織です。

 

現在は世界各国に支部や連携組織を置いていますが、本部をNYに置き、国連特殊諮問機関としてさまざまな提言をしています。

 

また国会、政府、地方自治体、宗教団体、各種組合、企業、大学など、党派宗派などにかかわらず、官民の様々な諸アクターとともに運動を展開しています。

 

これまでの活動実績として、世界の2500ものNGOを束ね国連総会にて国際刑事裁判所を設立を実現し、また国際連帯税導入、国連議員総会設立キャンペーンなど大きな成果をあげています。

 

わが国でも戦後すぐに、憲政の神様・尾崎行雄氏、組合の父・賀川豊彦氏、日本初のノーベル賞受賞物理学者・湯川秀樹氏、初の皇族首相・東久邇宮稔彦王、出版社の平凡社社長・下中彌三郎氏、最高裁長官・文部大臣・東大法学部長を務めた法学の重鎮・田中耕太郎氏、衆議院議長・松岡駒吉、顧問として首相・吉田茂氏など、各界のメンバーが集まり、運動が開始されました。

 

国会では衆参両議院で世界連邦決議を実現し、当時の外務大臣の指示で外務省に窓口を設置しました。

 

現在は、元首相の海部俊樹氏が世界連邦の日本支部の会長を務めています。

 

これらのなか、私たちWFM世界連邦ユースフォーラムは、この世界連邦運動協会(WFM)の中の、特に青年層や学生などを中心にして、正式に本部の承認をうけて創立された支部です。

 

国連関連機関や各NGOと、メディア・音楽・スポーツ界などと連携し、 この運動を若い世代にも広め、新たなムーブメントを起こす事を目指して活動しています。

 

 

 

《 主な活動内容》

・国連関連機関や有名NGO、メディア業界などと連携したイベントの開催

・各種国際チャリティー活動
・国際問題などに関する勉強会・セミナーの開催
・国連機関・政府・国会議員などとの交流やロビー活動
・国際交流イベントの開催

・・・などなど

 


新着記事・お知らせ

(2017年9月21日更新)

ルワンダ渡航記

(2017年8月30日更新)

「グローバル人材とは」

過去の記事はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



▼ご入会・お問い合わせはこちら
お問合せフォーム
 
 
▲PageTop